脱毛アフターケア

施術前自己処理したところの毛が生えて、vioゾーンにかゆみが出るケースがありますがこれは残念な基に避けて通れない道で、我慢しかないのが現状。
脱毛説術のトラブルでもなければ、ずっと続くことでもないです。
大変なのは2,3日で、毛が伸びてしなるようになるまでの少しの間。
vio施術後デリケートゾーンがかゆくなる理由に、脱毛した時の毛が少しずつ伸びることが関係し、施術日に効果がしっかり実感できるシェーピングが大事。
直後ツルツルの状況になりますが、時間がたてば、すぐ伸びてきて、その結果下着脱毛アフターケアに触れることで、かゆみが出ます。
伸びた直後かゆみのピークですから、ひどいかゆみを感じるのはセービング後2,3日。
かゆいと言ってそれを抑えるために欠くと、皮膚が傷つけられた理かゆみが増して、悪循環が起きますが、乾燥は水分が奪われた状態で、水分は肌を外部からまもってくれるバリア機能があり、水分がへれば、それだけ刺激に対して敏感になって肌がかゆくなります。
乾燥対策で使うのは通常の化粧水で問題ないですが、肌が弱ければなるべく低刺激のものを選択してください。
vioはデリケートゾーンですので、普通の肌でも敏感肌用のを選択したほうがいいです。
脱毛後、肌奥が軽いやけどした状態になっていて、炎症を抑える効果がる成分のものを選んでみて下さい。
テクスチャーは肌に長くとどまってくれるジェルや化粧水でとろみがあるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です