ホルモン乱れからくる体の不調、もしかしてメンタルが弱っているかも?

せっかくの休日も仕事のことばかり考えてしまう、イライラが募って身近な人に八つ当たりすることが多くなってきて自己嫌悪に陥る、「まあいいか」ができない、トラブルがあった時自分を責めてしまう、生理前妙にふさぎ込んで落ち込んでしまう、ストレスの多い職場や環境に身を置くおことが多い、夜中に起きて知ってなかなか寝付けない、そんな経験はありませんか?
ホルモン乱れからくる体の不調、もしかしてメンタルが弱っているかも?
無理ばかり重ねて、心身ともに疲れ切ってしまうことで、ホルモンのバランスは乱れます。特に女性に関しては、女性ホルモンがその影響を大きく受けやすい傾向にあります。
何でも一人で抱え込み、完璧にこなそうと頑張りすぎてはいませんか?
ストレスフルな生活は脳を疲れさせ、ホルモン分泌を促す視床下部から指令がうまく送ることができなくなってしまいます。
そうなると、卵胞への指令もうまくできなくなり、ホルモン分泌に悪影響を及ぼしかねません。
メンタルが弱ってくると、女性特有のイライラしたり、無性に悲しくなるなどの症状を引きをおこします。
日ごろから、ストレスを軽減する工夫が必要ですね。ポイントは「まあ、いいか」。
簡単ですが、こやってメンタルをリラックスさせていくと、次第に脳が反応して気分が落ち着きます。
そしてこうして軽く受け流すく癖をつけることで、メンタルのアンバランスをおこしにくくなるはず。
十分な睡眠、良質な食事、気分転換など脳をリラックスさせるためにも、今の状態をしっかり見つめ、今日から少しづつでもいいのでセルフケアを始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です